新入社員教育を考える情報サイト

新入社員の効率的な教育方法

OJTとういう新入社員教育方法

求人倍率が低かった時代では、転職で良い人材を確保する事は難しい事ではありませんでしたが、今や世の中は高求人倍率、よりよい人材は中々確保出来ないのが実情です。
こうした中、多くの企業は新人を採用して育てるのが効率的という考えに変わってきました。
この流れは今後も続くと考えられていて、実際に多くの企業はこの方法で優秀な社員を育てる方法をとってきています。

しかし新人を育てると言う事は、その新人のポテンシャルもさることながら、確立された企業の教育システム抜きには考える事が出来ません。

新入社員の教育システムでは何が重要なのでしょうか?

指導内容で押さえておくべきポイントですが、まずはそれぞれの企業の企業文化、ビジネスマナー、コミニュケーションスキルからはじまり、最後は部署ごとにそれぞれの専門業務を学ぶ事になります。

次に新入社員の教育方法ですが、大きくOJTとOff-JTという方法にわけられます。
OJTとは、On-the-Job Trainingの略で実際の職場で、先輩社員から実務を通して業務に必要な技術、知識、接客等を学ぶ教育方法です。
これとは逆に実際の職場と離れて研修や座学を行う教育方法をOff-JTといいます。

それぞれ一長一短ありますが、OJTは実際の業務を肌で感じられるため多くの企業が採用しています。
今回はOJTを中心に,その準備、メリット、デメリット、実際の新入社員研修の進め方を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。